バイクタイヤの見た目の美しさとは

ぱっと見た感じで、足回りの美しさが目立つバイクがあります。これは、きちんと手入れがなされていることもありますが、やはりどっしりとしたバイクタイヤを使っているからいいバイクとして評価されるのでしょう。どんなタイプのタイヤを使うかによって、その単車の性能もすべて変わってきます。オフロードを好んで走る人は、耐久性を重視してタイヤを買うべきでしょう。ある意味でしっかりと経済的な概念を単車のタイヤに求める人たちは、経済的に余裕を見てタイヤ交換や購入を行います。バイクタイヤの見た目の美しさは単車乗りに評価される基準でもあり、それを見てタイヤを購入することもあるくらいです。もちろん、見た目だけではなく性能も高いタイヤが専門店では多く販売されているわけですが、それらについて詳しく知りたいなら店員さんに聞いてみるのが一番でしょう。

50ccの原付のバイクタイヤについて。

私が現在乗っている50ccの原付バイクは、ついに3万7千キロをオーバーしました。これだけ乗っていると、消耗部品がそろそろ壊れてくるころだろうな、と思います。以前、走行中にエンジンが急停止し、修理屋さんに見てもらったところ、ベルトがボロボロになってしまっており、部品ごと交換しましたが、あの時は本当に危なかったと思います。安全のため、バイクタイヤは1万キロごとに変えてきました。前輪と後輪を交換して、大体1万2千円程度費用がかかります。タイヤはパンクをする時は頻繁にパンクし、どれだけ乗っても大丈夫な時は全くパンクをしませんが、あれはどうしてなのか、不思議でなりません。たまたまよく通る道路に破片が転がっていたり、釘が落ちている事が連続して起こったのでしょうか。原付バイクといえど、エンジン付きの立派な乗り物です。安全に気をつけて、メンテナンスは定期的に行うようにしていきたいです。

単車乗りが気にするバイクタイヤ

わたしは大学生の頃に単車の運転免許を取得しました。その頃は400ccまでの排気量のバイクを運転できる免許が中型免許、それ以上の大型になると限定解除とよばれていた試験に合格しなければなりませんでした。自動車教習所では中型までしか取得できず、限定解除するには試験を受けるしかなかったのですがその合格率は低く、もっとも難しい国家試験のひとつとも言われていました。今日においては大型バイクの免許も教習所で取得できるのでバイク人口の裾野も広がっていることでしょう。そんな中型にしかのっていないわたしですが、バイク乗り共通の悩みがあります。それがバイクタイヤのセレクトです。自動車とは違ってバイクのタイヤの設置面積は少ないもので、カーブなどで車体を倒しているときなどは拳ひとつ分しか道路と接地していないともいわれます。まさにタイヤに命を預けているのです。そんなバイク乗りのタイヤ選びは安心できるショップで信頼のおけるものをえらびたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*